北方ホーム


  ■ はじめに 
自宅で暮らしたい、アパートで暮らしたい、親と暮らしたい、兄弟姉妹と暮らしたい、結婚して2人で暮らしたい、1人で暮らしたい、ホームで仲間と暮らしたい、ホームで生活の練習をして将来は1人暮らしがしたい…。
 
どこで、だれと、どんなふうに暮らすか?
暮らしの形は1人1人ちがいますし、変わっていくものであると思います。
 
ホームは、障がいのある方の暮らしの場の選択肢の1つです。
どんなに障がいが重くても住み慣れた地域で、自分らしく暮らしたい。
好きなこと、やってみたいこと、夢、本人さんの想い、願いを形にできるような事業所をめざします。

   北方ホーム 概要

  ■ 住居名  「第二北方ホーム」(共同生活住居) グループホーム定員:6名
愛知県一宮市北方町北方字東本郷下155番地
TEL 0586−87−2773
FAX 0586−87−2773
   
   
 
  第二北方ホームの写真
  ■ 住居名  「第三北方ホーム」(共同生活住居) グループホーム定員:6名
愛知県一宮市北方町北方字東本郷下155番地1
TEL 0586−86−1716
FAX 0586−86−1716
   
   
  第三北方ホームの写真
  ■ 住居名  「第五北方ホーム」(共同生活住居) グループホーム定員:7名
愛知県一宮市北方町北方字東本郷下157番地
TEL 0586−86−0038
FAX 0586−86−0038
 
   
第五北方ホームの写真
  ■事業種別  共同生活援助(グループホーム)
障がいのある方の暮らしの場の1つです。
生活する住居に他の利用者、生活の支援をさせていただく職員と一緒に共同で生活するところです。職員が入浴、排せつ、食事の支援や、その他日常生活に必要な支援をさせていただきます。
きそがわ福祉会の場合は現在12ヶ所の住居があります。借家の一軒屋が2ヶ所、サテライト型住居(賃借アパート)が2ヶ所、法人所有の建物が8ヶ所あります。
  ■ 利用者定員  共同生活住居3か所、定員合計19名
  ■ 開設  平成17年3月  
 

   その他の事業(短期入所事業)

  ■ 短期入所事業とは
介護する人が病気やけが、その他の用事、休息などで、介護ができない場合に、短期間施設に入所して入浴、排せつ、食事の支援、その他日常生活に必要な支援を提供します。
きそがわ福祉会では、グループホーム住居に短期入所専用の居室を設けて短期入所事業を行っています。
より家庭の生活に近い形で過ごしていただくことができます。
  ■ 北方ホーム(短期入所利用定員3名)
 
  ■ 設備等 (上記の第三北方ホームで実施しています)
1階 短期入所居室1部屋(個室、洋室、ベッド、テレビ、呼出ベル)、身障トイレ、トイレ、浴室、洗面所、リビング(食堂)、居間(和室)
2階 短期入所居室2部屋(個室、洋室、ベッド、テレビ、呼出ベル)、トイレ2ヶ所、洗面所、相談室(和室)

SIDE MENU

  

HP作成にあたり

きそがわ福祉会は、あいち産業振興機構の「ご指導」「ご協力」を得て、ホームページ作成を行っております。

お問い合わせ

社会福祉法人 きそがわ福祉会
  一宮市木曽川町内割田一の通り12番地3
  TEL 0586−86−3960
  FAX 0586−86−3937